美容雑記1

何にせよ乾燥肌が毎日の暮らしや環境に大きく関係しているのなら、日々の些細な身のまわりの癖に注意するだけで幾分か乾燥肌の問題は解決します。

美容整形をおこなう美容外科というのは、正確には外科学の中の一つで、医療を目的としている形成外科学(plastic and reconstructive surgery)とは別のものである。また、整形外科学(orthopedic surgery)と混同されることがよくあるがまったく異分野のものだ。

「デトックス」法には問題やリスクはまったくないのだろうか。そもそも体の中に溜まるとされている毒というのは一体どんな性質のもので、その「毒物」は果たして「デトックス」の効果で排出できるのだろうか?

美白の化粧品だとオフィシャルに謳うためには、薬事法を取り仕切っている厚労省の認可が下りた美白成分(よく使われるのはアルブチン、コウジ酸など)を使用している必要があるとのことです。

メイクの利点:外見が美しくなる。化粧も礼儀のひとつ。実年齢より大人っぽく見てくれる(あくまで10代から20代前半の場合です)。人に与える印象を変幻自在に変貌させることができる。

皮ふの若さを作り出す新陳代謝、言いかえると皮膚を生まれ変わらせることが可能な時間というのは実は決まっていて、それは夜に寝ている間だけだと言われています。

我が国における美容外科の歴史の中で、美容外科が「紛れもなく正当な医療行為」だとの見識を獲得するまでに、思ったよりも長い年月を要した。

指で押しても戻るお肌のハリ。これを生んでいるのは、化粧品でおなじみのコラーゲン、すなわちたんぱく質です。バネの働きをするコラーゲンがちゃんと肌を下支えしていれば、たるみとは無縁でいられるのです。

化粧の短所:皮膚へのダメージ。毎日化粧するのは面倒でたまらない。メイク用品代が結構かかる。皮ふが荒れる。メイクを直したりメイクする時間の無駄だ。

大方の場合慢性へと移行するが、適した処置により病気が統制された状態にあると、将来的には自然寛解が望める疾患なので諦めてはいけない。

ネイルのケアとは爪を更に美しい状態にして保つことを目標にしているため、ネイルの異常を把握する事はネイルケアのスキルの向上に相当役立つし何より無駄がないのだ。

その上に毎日のストレスで、精神にまで毒物は山のように溜まってしまい、同時に身体の不具合ももたらす。この「心身ともに毒まみれ」というような意識こそが、多くの人々をデトックスに駆り立てるのだ。

女性誌や美容の本には、小顔に美肌、痩身、デトックス効果がある、免疫アップなど、リンパ液を流しさえすれば全部好転する!という謳い文句が書かれている。

その上に日々のストレスで、心の中にまでも毒素はどんどん蓄積され、身体の不具合も起こす。この「心身ともに毒だらけ」という意識こそが、現代人をデトックスに駆り立てているのだ。

化粧の悪いところ:ランチタイムには化粧直しをしなければいけない。すっぴんの時に味わうギャップ。費用が痛い。素顔だと出かけられない強迫観念のような思い込み。