健康雑記4

ピリドキサミンには、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギー源の利用に必要となる重要な回路にいれるため、再度クラッキングさせるのを促す作用もあると言われています。

ハーバード大学医学校(HMS)の調査データによると、通常のコーヒーと比較して毎日2~3杯はデカフェコーヒーを代用することで、あの直腸がんの危険性を約半分も減らせたそうだ。

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、手や脚が何も感じなくなったり下肢の浮腫みなどが代表的で、症状が進んでしまうと、深刻な場合、心不全などを誘発する可能性があるとのことです。

流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザの予防対策や医師による処置等の必須とされる対処策そのものは、それが季節性のインフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであってもほとんど同じです。

常在細菌のひとつであるブドウ球菌(スタフィロコッカス)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、毒が極めて強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒力が微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つが存在します。

いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学的に股部白癬という病名で、白癬菌というかびが股部、陰嚢、お尻などの部分に感染してしまい、寄生してしまった病気の事で俗に言う水虫のことです。

もう歯の表面を保護している骨を浸食してしまうほど拡がってしまった歯周病は、もし炎症が安定したとしても、失った骨が元通りに復元されることはまずありません。

フィトケミカル(phytochemical)の一つであるイソチオシアネート類のスルフォラファンという揮発性の物質について、肝臓が持っている解毒酵素自体の創造を促進しているのではないかという新たな可能性が見えてきたのです。

吐血と喀血、両方とも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血は喉から肺に続く気道(きどう、呼吸器の一種)からの出血のことであり、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管から出血する病状を表しているのです。

酒類に含まれるアルコールを無毒化する特徴のあるナイアシンは、不快な二日酔いによく効きます。嫌な二日酔いの誘引物質とされるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という化学物質の無毒化にも力を発揮します。

緊張型頭痛とはPC使用などによる肩こり、首の凝り、張りから生じる最も一般的な頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「重くてたまらない酷い痛さ」と言い表される症状が特徴です。

日本における結核への対策は、長年、昭和26年に施行された「結核予防法」にならっておこなわれてきましたが、56年後の平成19年からは結核以外の感染症とまとめて「感染症法」という名称の法律に沿って遂行されることになったのです。

体を動かすのに必要なエネルギーの源として速攻で機能する糖分、新陳代謝に必要となる蛋白質など、過度のダイエットではこういった体調を保障するために外すことができない栄養成分までもを減らしてしまっている。

体脂肪量にさして変化がみられず、体重が食物・飲料の摂取や排尿等で一時的に増減するような場合、体重が増加した方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少すると体脂肪率が上がることがわかっています。

悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、通常なら人間の身体をガンから守る働きを持つ物質を生成するための鋳型のような遺伝子の不具合が原因で発症する病気だと言われています。