健康雑記6

我が国における結核対策は、昭和26年に施行された「結核予防法」に準じて実施されてきましたが、平成19年から他の数多ある感染症と供に「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づいて遂行されることが決定しました。

植物に存在する化学物質、フィトケミカルの一つであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる化学物質が、肝臓から分泌されている解毒酵素の効率的な創造を助けているかもしれないという事実が明らかになりました。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康体にも症状が見られることがあるのでさほど珍しいトラブルとはいえませんが、発作が何度も続いて起こるケースは危険だといえるでしょう。

現代の病院の手術室には、便所や専用の器械室、準備室を設け、手術中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を準備しておくか、近い所にX線用の専門室を用意するのが普通だ。

細菌やウィルスなどの病気を生み出す病原微生物、すなわち病原体が肺へ侵入して発症し、肺の中が炎症反応を示した事を「肺炎」と呼んでいるのです。

「とにかく多忙だ」「わずらわしい人との付き合いが嫌で仕方がない」「あらゆる技術や情報の進歩に付いていくのに必死だ」など、ストレスが蓄積される状況は一人一人異なります。

アルコール、お薬、化学調味料を始めとした食品添加物などの成分を酵素によって分解し、無毒化する作用を解毒と称し、肝臓が果たしている主要な仕事の一つと言えるでしょう。

真正細菌の一種である結核菌は、菌を持っている人がゴホゴホと「せき」をすることで内気に放たれ、空中でふわふわと流れているのを別の人が空気と一緒に吸い込むことで次々に感染していくのです。

狭心症(angina pectoris)の外科処置としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」と「大動脈冠動脈バイパス手術」という2つの異なる治療方法が頻繁に利用されています。

鍼を患部に刺してもらう、という物体的な程よい複数の刺激は、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスという呼称の要は電気信号の伝達を引き起こすのではないかと言われているのです。

虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の中が狭くなってしまい、血流が途絶えて、栄養や酸素を心筋に配達できず、筋細胞自体が死ぬ大変怖い病気です。

目と目を合わせることで、患者がセラピードッグのことを愛おしく感じると「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌された結果、ストレスの緩和や癒しなどにつながるのです。

明るくない所では光量不足のため見えづらくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、目の水晶体のピントを合わせるのに余計なパワーが消費されてしまい、日の差す所でものを眺めるより疲労が大きくなるのです。

音楽会の開催される施設やダンスを踊るためのフロアなどに設けられているすごく大きなスピーカーの近くで大きな音を聞き続けて耳が遠くなる症状を「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と呼んでいます。

人間の耳の構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分かれていますが、中耳付近に様々な黴菌やウィルスなどが付着し、炎症がみられたり、体液が溜まる病を中耳炎と言います。