美容雑記7

アトピーの要因:家族歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(atopic dermatitis)の内一種、又は2種類以上)、IgE 抗体を生み出しやすいと思われる素因、など。

加齢印象を高めてしまう最も重要な要因のひとつが、歯に蓄積したくすみです。歯の表層には、見えないデコボコがあり、日常の暮らしの中で茶色っぽい着色や煙草の脂などの汚れが付きやすくなっています。

ピーリングとは何かというと、老化し役目を終えた不要な角質層を専用化粧品などでピール(peel:皮を剥くの意味)することで、まだ若いキメの細かい角質層に入れ替え、新陳代謝を促す美容法なのです。

「デトックス」という言葉自体はそんなに目新しくはないが、あくまでもこれは「代替医療」や「健康法」のひとつであり、医師による「治療」とは違うということを解っている人は意外なほど多くないのである。

メイクアップでは傷などを目立たなくすることにとらわれるのではなく、メイクを通じて結果的には患者さん自身が自らの容貌を受け入れて、社会復帰への第一歩を踏み出すこと、またQOL(生活の質)を今よりも高めることを理想に掲げています。

現代社会に暮らすということで、人間の体内には体に悪影響を与えるケミカルな物質が取り込まれ、その上に自身の体内でも老化を促進する活性酸素などが生まれていると報じられているらしい。

ここ数年で一気に浸透したデトックスとは、身体の中に蓄積してしまった様々な毒素を排出することを目的とした健康法でカテゴリーとしては代替医療に類別される。「取り除く」という意味を持つ「detoxification」の短縮形であり、本来は肝機能にまつわる言葉である。

ダイエットに効果的ということで名を馳せたデトックスとは、身体の内側に溜まってしまった様々な毒素を体外に排出させるというシンプルな健康法で美容法というよりも代替医療に区別されている。「detoxification」の短縮形から派生した。

明治の終わり頃、異国から帰ってきた女性たちが、洋風の髪型、洋服、洋式の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介すると、これらを総称する単語として、美容がけわいという言葉に代わって使用され始めた。

爪の生産行程は木の年輪のように刻まれるというものであることから、その時点の健康状態が爪に出やすく、髪と等しくすぐに見えて理解しやすいことから健康のバロメーターとも言われる。

肌の弾力を司るコラーゲンは、特に夏の強烈な紫外線を受けてしまったりダメージを長期間に渡って受けてしまったり、日常生活のストレスが澱のように溜まったりすることで、損傷を受け、終いには作ることが困難になっていくのです。

よく女性誌や美容の書籍には、顔が小さくなって肌が美しくなり、痩身効果があるし、デトックス効果がある、免疫力の増進など、リンパ液を流せばすべてのことが大成功!という華やかな内容のフレーズが掲載されている。

ホワイトニング化粧品だとパッケージなどでPRするためには、薬事法を管轄する厚労省の許可が下りている美白に効果のある成分(ほとんどアルブチン、こうじ酸)を使う必要があるとのことです。

そんな状況で多くの医師がまず使用するのが、美白効果で有名なビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬と併用すると約半年で回復に持っていけることが多い。

我が国において、肌色が透き通るように明るくて淀んだくすみや目立つシミが見られない素肌を好ましく捉える感覚が昔から浸透していて、「色の白いは七難隠す」という有名な諺もある。