健康雑記7

メタボであるとは断言されていなくても、内臓の脂肪が付着してしまう種類の悪い体重過多になってしまう事によって、複数の生活習慣病を招く可能性が高まります。

「いつも時間に追われている」「うっとうしいいろんなお付き合いがとても嫌だ」「あらゆる技術や情報の高度な進化に追いつくのが大変だ」など、ストレスを受けやすい状況はみんな違います。

今、若い世代で咳が続く結核に抗えるだけの力を保有しない人達の割合が高くなっていることや、早合点のせいで受診が遅れることなどが原因のアウトブレイクや院内感染が増えています。

目と目を合わせることで、被介護者がセラピードッグを愛おしいと感じる時に「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌されれば、ストレスの緩和や心の癒しに繋がっているのです。

道路事故や山での転落など、とても強い外力が身体にかかった場合は、複数の位置に骨折が発生したり、複雑骨折となったり、重症の時は臓器が損壊してしまうこともあるのです。

陰金田虫(いんきんたむし)とは、正式には股部白癬と称し、カビの仲間である白癬菌が陰嚢、股部、お尻などの場所に何らかの理由で感染してしまい、定着してしまう病気のことで簡単に言うと水虫です。

侮ってはいけないインフルエンザに適応する予防法や病院での治療等の必然的な措置は、それが例え季節性インフルエンザであっても新型のインフルエンザでも一緒なのです。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の直径が狭くなって、血液の流れが停止し、酸素や色々な栄養が心筋まで送られず、筋細胞そのものが壊滅状態になってしまう恐ろしい病気です。

BMIを算出する式はどこの国も共通ですが、BMI値の評価基準は国ごとにそれぞれ異なり、日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22が標準、BMI25以上の場合だと肥満、18.5未満だと低体重としているのです。

ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が無効になってしまった後に購入できる、新薬に等しい成分で経済的な負荷を少なく抑えられる(クスリの価格の廉価な)後発医薬品のことを指しています。

明るくない場所では光量が足りなくてものが見えにくくなりますが、更に瞳孔が開くため、レンズのピントを合わせるのに不必要な力が使用され、明るい場所で物を眺めるよりも疲れやすくなるのです。

チェルノブイリ原発の事故の数十年に及ぶ追跡調査の結果をみると、体の大きな成人よりも体の小さい子供のほうが漏れた放射能の深刻なダメージを受容しやすいことが分かるのです。

高齢の方や慢性的に病気をお持ちの方などは、とりわけ肺炎に罹りやすくなかなか治らないというと言われているので、常日頃から予防する意識やスピーディな手当が大事です。

内臓が脂肪過多になっている肥満があった上で、脂質(lipid)、塩分摂取などが関係している「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2つ以上に当て嵌まる状態のことを、内臓脂肪症候群と呼んでいるのです。

必須栄養を万遍なく含んだ食生活や適切な運動は無論、体の健康やビューティーのために、食事とは別に色々な成分のサプリメントを摂る事が珍しくなくなりました。