健康雑記8

「肝機能の低下」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3つの数値によって確認できますが、最近では肝機能が衰えている国民の数がだんだん増えているとされています。

虚血性心疾患の一つである狭心症の外科治療としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植術」の2種の手段が活発に採用されています。

通常ならば骨折を起こさない程のごく小さな圧力でも、骨の限られたエリアに幾度も繰り返して続けて力が加わると、骨が折れることがあるので気を付けましょう。

20~30才代で更年期になるなら、医学的な用語で表現するとPOFという女性疾患を指します(この国の場合40歳以下の女の人が閉経する状態を「早発閉経(POF)」と言っています)。

エイズ(AIDS)とはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染が原因となって起こるウイルス感染症の病名で、免疫不全へと至って健康体では感染しにくい日和見感染や癌などを複数発症してしまう症候群のことを指しているのです。

脳内のセロトニン神経は、自律神経のバランスの調節や痛みを抑制し、器官の覚醒などを司っていて、単極性気分障害(うつ病)の方では動きが低下していることが明らかになっている。

アメリカやヨーロッパ各国においては、新薬の特許が切れた約1ヶ月後、製薬市場のおよそ割がジェネリックに替わる医薬品もあるほど、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は地球上に知られているという現実があります。

UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという特性があるため大気中にあるオゾン層でその一部が吸収されますが、地表まで届いたUV-Bは皮ふの表皮の中で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を壊してしまうなど、皮ふに悪影響をもたらすことが明らかになっています。

ただの捻挫と自己判断してしまい、冷湿布を貼って包帯やテーピングで患部を固定し、様子を見るのではなく、応急処置をしたらすぐに整形外科の医師に診察してもらうことが、結局は完治への近道だといえます。

衝突事故や高い所からの落下など、とても強い負荷が身体にかかった場合は、複数の部分に骨折が齎されたり、複雑骨折となったり、重症の場合は内臓が損壊してしまうこともあり得ます。

よく耳にする心筋梗塞とは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の幅が狭まって、血流が途絶えて、必要な酸素や栄養が心筋まで届かず、ほとんどの筋繊維が壊死するという恐ろしい病気です。

高齢の人や慢性的な持病を患っている方などは、殊に肺炎になりやすく治りにくいという傾向があるため、事前の予防や迅速な手当が大事なのです。

悪性の腫瘍である卵巣ガンは、正常なら人を癌から保護する作用をする物質を作るための金型である遺伝子の異常により起こる病気だと言われています。

チェルノブイリ原発の事故に関する被害者の後追い調査の結果において、成人に比べて体の小さな子どものほうが漏れてしまった放射能の悪影響をよく受容することが見て取れます。

物を食べるという行動は、次に食べようと思った物を気軽に口に運んで何度か噛んで飲み下すだけだが、そのあと身体は実にまめに動き続けて異物を身体に取り入れるよう努力している。