美容雑記16

美白化粧品だと正式に謳うには、薬事法を管轄する厚生労働省の認可が下りている美白の有効物質(よく用いられるのはアルブチン、こうじ酸)が入っている必要があるらしい。

日本の医学界全体がQOL(生活の質)を重視する空気に包まれており、経済の熟達と医療市場の大幅な巨大化により、外見を自分好みに変化させられる美容外科は現在人気のある医療分野だと言われている。

特に就寝前の歯のブラッシングは大事。歯の表面に蓄積されたくすみを除去するため、就寝前はきちんと歯磨きしましょう。ただし、歯磨きは回数が多いほど良いというものではなく、内容の質に配慮することが肝要なのです。

若々しい肌に必要なコラーゲンは、快晴の日の紫外線を受けてしまったり乱暴なマッサージなどによる刺激を何度も受けてしまったり、日常生活のストレスが少しずつ積み重なったりすることで、崩壊し、なおかつ生成することが難しくなっていくのです。

全般的には慢性へと移行するが、有効な処置により病状・症状が治められた状態にあると、自然に治ってしまうこともあり得る病気なのである。

ピーリングというのは、役目を果たしてしまった不要な角質をピール(peel:皮をはぐの意味)し続けることにより、新しい整った表皮に入れ替え、新陳代謝を28日周期に近付けようとする優れた美容法です。

ドライスキンというのは、皮膚に含まれるセラミドと皮脂の量が水準値よりも低下することで、肌(皮ふ)から潤いが蒸発し、お肌がカサカサに乾燥してしまう症状を言い表しています。

現代社会で生活する私たちには、ヒトの体内には体に悪影響を与えるという化学物質が増加し、その上私たちの体内でもフリーラジカルなどが次々と生産されていると報じられているらしい。

日本皮膚科学会の判別の目安は、①痒み、②特徴的な発疹とその拡散エリア、③慢性で反復する経過、3点全部当てはまる病気をアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と言う。

健康補助食品などで知られるヒアルロン酸は細胞と細胞の隙間に多数存在しており、優れた保湿力や衝撃を和らげるクッション材の役割を担って大切な細胞を防護していますが、年齢を重ねるにつれて体内のヒアルロン酸は日々減少します。

美容外科(Cosmetic Surgery)が欠損などのない健康体に医師が施術を付加するという容貌のための行為なのに、やはり安全性の確立があまりにも不十分であったことが大きな要因と言えよう。

外観をきれいにすることで心が活発になって豊かになれるのは、顔面にトラブルを抱えている人もいない人も同じことです。私たちはリハビリメイクを自分の内側から元気を見つけられる最良の方法だと考えているのです。

女性が読む雑誌においてリンパ液の滞りの代名詞のような扱いで書かれている「むくみ」には大きく2種類に分けて、身体の内部に病気が潜んでいる浮腫と、なにも病気を持っていない人でも出現するむくみがあるらしい。

現代を生きている私たちは、1年365日体内に溜まっていく悪い毒を、色んなデトックス法を総動員して体外へ出し、絶対に健康になりたいと努めている。

湿疹などが出るアトピーとは「場所が限定されていない」という意味のアトポス(ギリシャ語)に由来しており、「何かしらの遺伝的な原因を保有した人だけに診られる即時型アレルギーを主とする病気」の事を指して名前が付けられたと言われている。