健康雑記21

ストレスが蓄積していく経緯や、有効なストレスを緩和する方法など、ストレスというものの全体的な知識を保持している方は、現時点ではまだ多くないようです。

UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという性質があるためオゾン層を通る際にその一部が吸収されるものの、地上まで届いたUV-B波は皮膚の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させたりして、皮ふに悪い影響を与えます。

子どもの耳管の特徴は、大人に比べて幅があって短めで、尚且つ水平に近いため、雑菌が入り込みやすくなっています。小さな子どもがよく急性中耳炎を発症するのは、これが関わっています。

常在細菌の一種であるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力がきつい黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒力が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種が存在するのです。

お酒に含まれるアルコールを分解する特徴のあるナイアシンは、不快な二日酔いに効果的です。辛い二日酔いの誘引物質とされているエタナール(アセトアルデヒド)という物質の無毒化に力を発揮します。

まず間違いなく水虫=足、ことさら足の裏や指の間に現れる病気として認知されていますが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足に限定されているわけではなく、全身どの部位にも感染する可能性があるので気を付けましょう。

胸痛を主訴とする狭心症の外科的な治療法では大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」と「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス手術」という二つの異なる手術が活発に使われています。

鍼灸用のハリを患部に刺す、という物体的な多数の刺激が、神経細胞を活性させ、神経インパルスと呼ばれているいわば電気信号の伝達を引き起こすのではないかと言われているのです。

男性の生殖器である前立腺は生育や活動にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが非常に大きく関係していて、前立腺に現れた癌も同様に、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの力で大きく成長します。

ものを食べるという行為は、次に食べようと思った物を気軽に口に入れたら数十回咀嚼して嚥下するだけだが、その後人体はまことに律儀に動いて食物を体に取り入れるように励んでいるのだ。

いんきんたむしは20代~30代の比較的若い男性に多い傾向があって、基本的には股間部にのみ拡大し、激しく運動したり、入浴後のように身体が熱くなると強い痒みを感じます。

痩せたいために摂取カロリーの総量を抑える、食事をわざと残す、そうしたライフスタイルが結果的に栄養をも不足させ、慢性的な四肢の冷えを誘発していることは、多くの医療従事者が問題視されていることです。

不整脈の中でも期外収縮は、健康な人にも症状が見られることがあるのでさほど深刻な疾病とは限らないのですが、発作が幾度も立て続けにみられる場合は危険だといえるでしょう。

内臓に脂肪が多く付いた肥満があった上で、脂質過多(ししつかた)、「血圧(blood pressure)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2個か3個すべてに相当する事例を、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と称しているのです。

「とにかく多忙だ」「面倒ないろんな人間関係が嫌」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションの高度な進化に追いつくのが大変だ」など、ストレスがのしかかる場面はみんな異なります。