健康雑記22

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を保有する血液、精液をはじめ、母乳、腟分泌液、唾液等のあらゆる体液が、看病する人などの傷口や粘膜部分に接触する事で、感染するリスクが高くなってくるのです。

男性だけにある内臓の前立腺はその生育や活動にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても密接に関係していますが、前立腺に発現してしまったがんも同じく、アンドロゲンの力で大きくなります。

「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、体内の脂肪の付いている%を指しており、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重(weight、キロ)×100」という数式によって分かります。

暗い所だと光量不足のためものが見辛くなりますが、更に瞳孔が開くため、眼球のピントを合わせるのに不必要なエネルギーがかかってしまい、結果的に明るい場所で物を見るよりも疲労がおおきくなります。

ヒトの耳の構造は、大まかに「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に大別できますが、中耳の辺りにばい菌やウィルスがくっ付いて発赤等の炎症が発生したり、液体が滞留する病気が中耳炎なのです。

UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特徴があり、大気中のオゾン層を通過する際にその一部が吸収されますが、地表まで届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させたりして、皮膚に良くない影響を与えます。

亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために欠かせない色々な酵素や、細胞・組織の入れ替わりに深く関わる酵素など、200種類以上存在する酵素を構築する要素として大切なミネラルの一つです。

植物に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつであるスルフォラファンというブロッコリーに含まれている化学物質が、肝臓から分泌されている解毒酵素の正常な製造を支えているかもしれないという事実が明らかになってきました。

自分では骨折しているかどうか自信がない場合は、負傷してしまった箇所の骨を少しだけ圧してみて、その部位に激しい痛みがあれば骨が折れているかもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

エイズというのはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染が原因となって生じるウイルス感染症の病名であり、免疫不全へと至り些細な真菌などが原因の日和見感染やがん等を複数併発する病状の事を指しているのです。

吐血と喀血、2つとも口腔から血を吐くことですが、喀血は咽頭から肺を通る気道(呼吸器の一種)から血が出ることで、吐血というのは十二指腸より上にある食道などの消化管から血が出ることを指しているのです。

ハーバード大学医学部(HMS)の調査結果によれば、一般的なコーヒーと比較して毎日2カップ以上ノンカフェインのコーヒーに変えれば、驚くことに直腸ガン発病リスクを半分以上は減少させたという。

陰金田虫(インキンタムシ)とは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と称されている、かびの一種の白癬菌が陰嚢、股部、臀部などに感染、もしくは棲みついてしまう病気で俗に言う水虫のことなのです。

日光を浴びると生成されるビタミンDは、Caが吸収されるのを助長するという性質で有名であり、血液中の濃度を調節し、筋繊維の機能を操作したり、骨を生成します。

頸椎などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨と背骨の間で緩衝材的な役目をしている椎間板という名前の柔らかい線維軟骨がはみ出た状態を称します。