健康雑記23

ストレスが溜まっていく原理や、手軽で有効なストレスのケア方法など、ストレスというものの全体的な知識を勉強している人は、そんなに多くはありません。

薬やアルコール、化学調味料を始めとした食品への添加物などを特殊な酵素によって分解し、無毒化する事を解毒と呼び、肝臓が果たしている大切な職務のひとつだということは間違いありません。

H17年以後全てのトクホの入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の文章を表記すること食品メーカーの義務となっている。

下腹の強い痛みがみられる代表的な病には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気などが真っ先に挙げられるようです。

高齢の人や慢性病をお持ちの方などは、とりわけ肺炎に罹りやすくなかなか治らないという特徴があるため、常日頃から予防する意識やスピーディな手当が大事なのです。

30~39才までの間に更年期が訪れたとすれば、医学的な用語ではPOFという疾患のことを指します(日本では40歳未満の女の人が閉経してしまう状態を「早期閉経(premature menopause)」と呼んでいるのです)。

ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が無くなった後に販売される、新薬に等しい成分で金銭的な自己負担が小さくて済む(クスリの金額が高くない)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。

欧米諸国では、新しく開発された薬の特許が切れた約1ヶ月後には、市場の8割がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に切り替わるという薬もある位、ジェネリック(後発医薬品)は地球上に浸透しているのです。

ビタミンB6には、あのアミノ酸をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギーの代謝のために必要となる重要な回路に取り込むためになお一層分解させるのを助長する働きもあるのです。

UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があるため大気中に存在するオゾン層でその一部が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を損壊するなど、皮膚に悪い影響を与えています。

アミノ酸の一つであるグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を下げたり変異を誘発する悪影響を及ぼす有害物質を身体の内部で解毒し、肝臓の機能性を促進するような能力が認められているのです。

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最もよくある中耳炎で比較的幼い子供によく発症する病気です。激しい耳の痛みや38度台の発熱、酷い鼓膜の腫れ、耳漏(耳だれ)などのいろいろな症状が出ます。

うす暗い場所だと光量不足によって見えにくくなりますが、更に瞳孔が開くため、レンズのピントを合わせるのに余分な力が使用され、結果的に明るい場所でものを見るよりも疲労が大きくなるのです。

いんきんたむしというのは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、白癬菌が陰嚢、股部、お尻などの場所に何らかの理由でうつってしまい、定着する感染症で水虫のことなのです。

亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に働く特殊な酵素や、細胞や組織の交替に深く関わっている酵素など、200種類以上ある酵素の構成要素として絶対なくてはならないミネラルの一種なのです。