美容雑記25

下まぶたのたるみができた場合、誰でも年齢よりも上に映ることでしょう。フェイスラインの弛みは数あれど、その中でも下まぶたは最も目につきます。

化粧の欠点:メイク直しをする必要にせまられる。洗顔して素顔に戻った時に味わうガッカリ感。コスメの出費が嵩む。すっぴんでは外に出られないという一種の強迫観念。

乾燥による痒みの要因の大方は、加齢に伴う角質の細胞間脂質と皮脂分泌の衰えや、石けんなどの頻繁な利用による皮膚のバリア機能の低落によって発生します。

ターンオーバー(新陳代謝)が狂ってしまうと、様々なお肌の老化現象や肌トラブルを招きます。老けて見えるシワ・濃くなるしみ・顔色の冴えないくすみ・隈・たるみ・嫌なニキビ・突っ張るような乾燥など、書きだしてみたらキリがありません。

アトピー原因:家族歴と既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎の内一つ、または2つ以上)、IgE 抗体を作りやすいと思われる主因、など。

たとえば…あなたは今、PCを眺めながら頬杖をついているのではありませんか?実はこの体勢は掌の力を目一杯頬へ当てて、繊細なお肌に負担をかけてしまうことにつながるのです。

軟部組織マニプレーションというのは一部の筋肉や骨が誘因で位置が合わない内臓を基本存在したであろう場所にもどして臓器の動きを正しくするという手当です。

化粧の長所:自分自身の顔がちょっとだけ好きになれること。顔に存在している面皰跡・くすみ・毛穴・ソバカス・ひっかき傷が上手に隠れる。時間をかけて魅力が増してくるドキドキ感。

メイクアップのデメリット:涙が出た時にまるで阿修羅のような怖い顔になってしまう。少しだけ間違えただけなのに下品になったり地雷を踏む。顔の造りをごまかすのには骨が折れること。

身体中に分布しているリンパ管に沿って流れる血液の循環が悪化すると、色々な栄養や酸素が隅々まで運ばれにくくなり、結果として不要な脂肪を溜めさせる元凶となります。

今人気の頭皮ケアは別名スカルプケア(scalp care)とも名付けられているお手入れ方法です。頭皮は髪の毛の症状の代表である脱毛や薄毛などに非常に大きく繋がると同時に、フェイスラインの弛みにも悪影響を及ぼします。

加齢印象を与える最も重要な要因のひとつが、歯の”蓄積クスミ”です。歯の表には、目には見えないくらい小さな凸凹があり、日常生活の中で茶色がかった着色やヤニなどの汚れが付きやすくなっています。

むくみの要因は多く考えられますが、気圧など気候による影響も少なからずあることをご存知ですか。30℃を超える気温になって大量の水を飲み、汗をかく、この頃にむくみの原因が隠れています。

内臓の健康度を数値で計測してくれる便利な機械があります。『ノイロメーター』と名付けられている医療機器で、人間の自律神経のコンディションを数値化することで、内臓のコンディションが把握できるという応用範囲の広いものです。

アトピー要因:家族の病歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)の内いずれか、または2つ以上)、IgE 抗体を産生しやすいと予測させる因子、等。