美容雑記26

多くの人たちが「デトックス」の虜になる理由の一つは、我々が暮らす環境の悪化だ。空気や土壌は汚染され、コメや果物などの食物には作用の強い化学肥料や有害な農薬がふんだんに使われていると喧伝されているのだから無理もない。

本来ヒアルロン酸は細胞と細胞の隙間に多く含まれ、水分を保持したり衝撃を吸収するクッションの役目をして細胞をガードしていますが、老化にともなって体の中のヒアルロン酸は少しずつ減っていくのです。

残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜のスポーツ観戦・翌日の幼稚園のお弁当作りや朝食の下準備…。お肌が荒れるということは分かっていても、実際の生活においては8時間もの睡眠時間を持てない人がほとんどだと思われます。

ビタミンA誘導体であるトレチノイン酸を用いた治療は、目立つ濃いシミを数週間単位で薄い色に和らげるのにかなり適した治療法で、老人性色素斑(老人性しみ)・炎症後色素沈着(PIH)・女性ホルモンと関わりがある肝斑・しつこいにきびなどに優れた効果があります。

美白(びはく)という概念は2000年以前に料理研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子の活躍とともに人気になったのは記憶に新しいが、1990年代前半にはメラニンが原因の皮ふトラブル対策に対して用いられていたようだ。

美白化粧品だと広告などでアピールするには、まず薬事法を制定している厚生労働省に使用を許可されている美白物質(多いのはアルブチン、こうじ酸)が入っている必要があることを覚えておきましょう。

美容整形をおこなう美容外科とは、とどのつまり外科学の中の一つで、医療中心の形成外科(plastic and reconstructive surgery)とは違っている。また、整形外科と間違われがちだがこれとはまったく分野の違うものだ。

私たちが「デトックス」に魅力を感じる最大の理由として考えられるのは、我々日本人が暮らす環境が汚れていることにある。空気や土壌は化学物質で汚染され、果物などの食物には作用の強い化学肥料や農薬が多くかかっていると噂されている。

患者さんは一人一人お肌の性質は違いますし、先天的なものによるドライスキンなのか、それとも生活習慣など後天的な要素によるドライ肌なのかに応じて対応方法が大きく違ってきますので、充分注意を要するのです。

皮ふの若さをキープするターンオーバー、別言するとお肌を入れ替えることができる時は決まっていて、日が落ちて夜眠っている間しかないということです。

太陽からの紫外線によってできてしまったシミを薄くしようとするよりも、シミが発生しないように事前に対策を施したり、肌の奥に潜んでいるシミの赤ちゃんをブロックすることの方が大切って知っていますか。

なんとかしてキレイに見せたいとの一心からフェイシャルマッサージしてしまう方がいますが、こと目の下の皮膚は薄くて繊細なので、ゴシゴシとこするように力を入れるだけの粗っぽいマッサージであれば適しません。

よく美容の雑誌や書籍には、顔が小さくなって肌がきれいになり、痩せられるし、デトックスされる、免疫力の増進などなど、リンパを流してしまえば何もかもが叶えられる!という明るいフレーズが軒を連ねている。

湿疹や掻痒に悩まされるアトピー性皮膚炎の要因として、1.口腔内や肺、腸内や表皮等による細菌叢(フローラ)、2.遺伝的な原因、3.栄養面でのトラブル、4.環境面での要素、5.その他の要素の学説が現在は主流となっている。

気になる目の下の弛みの改善法で効果が高いのは、顔面のストレッチ体操です。顔面にある表情筋は意識していなくても硬直していたり、その時の精神状態に左右されていることがあるのです。