健康雑記26

「肝機能の減衰」は、血液検査項目のASTやALT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3つの値でモニターできますが、近頃肝機能が衰えている人々が明らかに増えていると報じられています。

栄養バランスの優れた食事を1日3回とることや運動は当然のことですが、ヘルスアップや美のために、サブに様々なサプリメントを飲用する事が一般的なものになっています。

今、若い世代で感染症のひとつである結核の免疫力(抵抗力)の弱い人々が増えていることや、早合点のせいで受診が遅れることが主因の集団感染及び院内感染が多くなっているようです。

脂溶性のビタミンDは、カルシウムが体に吸収されるのを助けるという働きで有名であり、血中のカルシウム濃度を操作し、筋繊維の活動を微調整したり、骨を生成してくれます。

一見すると「ストレス」は、「消すべき」「除去しなければいけない」と思われがちですが、実際は、私たち人は様々な場面でストレスを感じているからこそ、生き延びていくことができます。

人間の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に大別することができますが、この中耳の近くにばい菌やウィルスなどがうつり、炎症が誘発されたり、液体が溜まる症状を中耳炎と言っています。

大多数の人に水虫=足、ことさら足の裏に現れる病気だという認識が広まっていますが、原因菌である白癬菌が感染する場所は決して足だけではなく、人の体ならどの部分にもうつってしまう危険性があります。

H17年2月から特保(特定保健用食品)の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起の一文の明示が義務となった。

吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口からの出血に変わりはありませんが、喀血とはのどから肺を繋いでいる気道から出血することであり、吐血というのは十二指腸よりも上にある消化管から血が出る症状を表します。

インキンタムシ(陰金田虫)は20代~30代の男の人多く確認されており、大抵は股間部にだけ広がり、身体を動かしたり、お風呂から上がった後など身体が熱くなった時に強い掻痒感を誘引します。

肝臓をいつまでも元気に維持するには、肝臓の毒素を分解する力が衰退しないようにする、言いかえれば、肝臓を老けさせない対策をできるだけ早く実行することが重要だと思われます。

胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法としては大体「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス術」という二者の施術が一般的に活用されています。

肥満というのは大前提として食生活の内容や運動不足などが主因ですが、一緒の量の食事だったとしても、大慌てで食べ終わる早食いを日常化することによって体重過多に陥っている肥満を招く可能性があります。

ポリフェノール最大の働きは水溶性であるビタミンCや脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)性質が異なっており、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、細胞膜でも酸化を防ぐ効果を持っているのです。

体を維持するのに必要なエネルギーとして速攻で機能する糖質、細胞の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、行き過ぎた痩身ではこうした活動を維持するために欠かすことのできない要素までも乏しい状態にする。