健康雑記28

通行中の交通事故や山での転落など、著しく強い外力が体にかかった場合は、複数個所に骨折が発生してしまったり、開放骨折になってしまったり、更には内臓が負傷することもあり得ます。

規則正しい穏やかな日常生活の継続、腹八分目の徹底、正しい運動やスポーツ等、アナログともいえる身体への配慮が肌のアンチエイジングにも役立つといえます。

緊張型頭痛というのは仕事や勉強などでの肩凝り、首筋のこりが素因の最も多いタイプの慢性頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような強烈な痛み」「ズシッと重苦しいような酷い痛み」と言い表されます。

「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、動脈硬化や脳梗塞を筆頭に様々な疾病を招く可能性があります。

お薬やアルコール、色々な食品添加物等の物質を酵素によって分解して無毒化する作用を解毒(げどく)と称し、多機能な肝臓の非常に大事な活動の一つだと言えるでしょう。

ピリドキサミンには、あのアミノ酸をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギーの代謝に必要となる回路へ入れるために更に細分化することを促進するという作用もあります。

素人が外から見ただけでは折ったかどうか判別できない場合は、ケガをしてしまったポイントの骨を少しだけ突いてみて、もしその部位に強い痛みを感じたら骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。

脚気の症状としては、主に手や足が無感覚になったり脚のむくみなどが典型で、発症から時間が経つと、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全なども連れてくる可能性があるそうです。

めまいは起こらないのに、辛い耳鳴りと低音域の難聴だけを何回も発症するタイプの事を区別して「蝸牛型メヌエル病」という病名で呼ぶ場合があるとのことです。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する働きのあるナイアシンは、嫌な二日酔いに効きます。苦しい宿酔の誘引物質とされているエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の分解にも力を発揮しているのです。

過飲過食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、精神的なストレス、老化というような多様な素因が合わさると、インスリンの分泌量が減少したり、働きが衰えたりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病に罹患するのです。

必要な栄養を万遍なく含んだ食生活や体を動かすことはもちろん、体の健康や美容を目的として、補助として様々な成分のサプリメントを飲用する事が一般的なものになっているそうです。

期外収縮は、特に病気ではなくても症状が見られることがあるのでさほど珍しい健康障害とはいえませんが、同じような発作が繰り返して起きる場合は危ない状態です。

強い痛みを伴うヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間に存在して緩衝材的な役割を持っている椎間板(ツイカンバン)という名称のやわらかい組織が突出した症例のことを称します。

子どもの耳管は、大人の耳管と比較すると幅があって短めで、なおかつ水平に近いため、雑菌が潜り込みやすくなっているのです。大人より子供の方が急性中耳炎になりやすいのは、この構造が関わっています。